Menu

40代女 結果通りになりたくなくて翻弄した20代

40代女、既婚者です。
学生の頃から結婚する前までの話です。
文化祭で占いをしてくれる先輩がいたので見てもらいにいきました。
色々見てもらうとズバズバと当たってることをいわれ、びっくりしていました。
結婚について、30代にお見合い結婚すると告げられショックで仕方有りませんでした。
自分はできれば恋愛から発展する結婚をしたいと思っていたのでこのことはずっと引っかかったまま
でした。
それから数年後、20歳頃占い師に結婚について聞いてみました。
やはり当時文化祭でいわれたとおり、30過ぎに結婚といわれました。
理由は手相の結婚線がうすいとのこと。
何度か違う占い師に結婚について聞いて見ましたがほぼ30代でした。
出来ることなら早く結婚して子どもがたくさんほしいなと考えていたので、
30代になるまでお預けかぁと思っていました。
そう悩んでた矢先、ある本をよんでいたときに考えが変わりました。
なぜ、占いが当たるのか。
占いを信じて、その通りに行動するから当たるんだよ。
びっくりしました。
この言葉がなかったら私は30代まで何もしずにいたのかもしれません。
けれどなかなかいいご縁に恵まれずにいた矢先、お見合いの話が舞い込もうとしていました。
30代、お見合いで結婚。
ふと頭によぎりました。
もう、占い通りになるのが嫌だという思いの方が強かったのかもしれません。
なんとかお見合いの話をうまくかわしていると、別のところでいいご縁に恵まれることが
でき、20代ぎりぎりで結婚することができました。
私は占いはいいところだけ信じて自分にとって嫌だなと思うところは信じない方が
いいような気がします。
でも学生の頃同じく文化祭で占ってもらった私の友達は占いの結果を信じ、進路を決め
占い通りになりました。
そしてずっと結婚したいと言っていた別の友人も、占いを信じて占い師が言ったとおりの
行動をしていたら、結婚ができたと言っていました。
私にとって占いは不思議な助言だなと思います。
いいも、悪いも受け取った本人がどう思うかで次の行動がきまっていくなと思います。
すべてを信じる、頼り切るのではなく一つの助言として聞き入れそのあと自分がどのように行動するのか
そこが一番大切なんじゃないかと思います。